妊娠糖尿病

妊娠糖尿病は血糖値測定器が必要ですか?

妊娠すると糖尿病になるってどういう事?

糖尿病の中にも、女性が妊娠中に発症する事のある妊娠糖尿病というものがあると知りました。これっていったいどういうものなのでしょうか?

「どういう対処方法があるの?」「治療方法は?」など、気になる事について色々情報を探してみました。

妊娠糖尿病とは?

妊娠糖尿病という病気があるのを、初めて知りました。

何となく、糖尿病の人が妊娠している間は、そういう病名がつけられるのか、と思ったのですが、そうした状態は糖尿病合併妊娠と別のラベリングがされていました。つまり、妊娠糖尿病は、妊娠が判明した後に、糖尿病を発症するケースを指しているみたいです。

ちなみに、全然糖尿病に縁が無い人でも、発症する危険はあるそうです。

なぜなら、妊娠中は血糖値が上がりやすくなっているからだそうです。

順を追って説明すると、胎児の発育にはブドウ糖が必要不可欠なため、母体はブドウ糖を優先的に胎児へと供給します。

ちなみに、そのブドウ糖は通常だと、インスリンによってエネルギーに変化されますが、妊娠中はインスリンを抑制するホルモンが胎盤から分泌される関係上、ブドウ糖は胎盤を介して胎児に流れるようになっています。

それによって、妊娠中の母体の血液中のブドウ糖は分解されにくくなるため、糖分を摂ると血糖値が急増してしまうことで、糖尿病を発症してしまうんですね。

そのため、妊娠中は糖分を欲しがちですが、妊娠糖尿病とならないためにも、なるべく糖分や炭水化物に偏ること無く、栄養バランスの良い食事を心がけるべきとのことでした。

出産が終われば自然治癒する?

一般的な糖尿病は、発症すると一生付き合う羽目になる、というイメージが強いですが、妊娠糖尿病に限っては違うそうです。

具体的には、妊娠糖尿病は、赤ちゃんを出産した後、自然治癒するケースも一定数見られるのだとか。糖尿病と自然治癒って、ものすごく結びつきにくいですが、なぜ妊娠糖尿病はそうなるのでしょうか?

それには、妊娠糖尿病の原因が関係していました。

なんでも、妊娠糖尿病の原因は、普通の糖尿病と違って、すい臓の機能が落ちることではないそうです。となると、インスリンは正常通り分泌されているということですよね。

それなのに、なぜ糖尿病を発症するのかと言うと、インスリンを阻害するホルモンが、妊娠すると分泌されるようになるからです。

そして、そのホルモンの出所というのが、なんと胎盤なんです。
つまり、出産によって胎盤は排出される関係上、インスリンを阻害するホルモンが分泌されることも無くなるため、妊娠糖尿病は産後に自然治癒するケースもあるんですね。

ただし、だからと言って安心できる訳ではありません。

なぜなら、妊娠糖尿病の半数程度は、産後に2型糖尿病へと移行するからです。
また、胎児の発育不全や機能不全の原因にもなり得ます。そのため、妊娠糖尿病はちゃんと改善策を講じるべきとのことでした。

妊娠糖尿病の赤ちゃんへの影響は?

妊娠糖尿病は、母体だけのものと思っていましたが、実は赤ちゃんにも影響はあるそうです。考えてみたら、赤ちゃんと母体と繋がっていますから、やはり無関係とはいかないんですね。

では、母体が妊娠糖尿病を患った場合、赤ちゃんには具体的にどういった影響が生じるのでしょうか?

最悪の事態としては、流産が挙げられるそうです。

妊娠中の高血糖状態は、かなり赤ちゃんに負担をかけてしまうらしく、妊娠糖尿患者の30パーセントはそうなるとのことでした。また、そこまでは行かなくても、発育に何らかの悪影響が出ることも多いそうです。

妊娠糖尿病にかかると、胎盤の機能が低下したり、血糖値のコントロールか効かなくなったりする関係上、赤ちゃんの体が上手く形成されない危険性が生じるのだとか。

また、赤ちゃんも糖尿病の状態となるため、その糖を栄養源として過度に発育する場合もあるみたいです。

つまり、発育不全や奇形児、巨大児となってしまうかもしれないんですね。

そのため、妊娠糖尿病自体は、インスリンの働きを阻害するホルモンの分泌源である、胎盤が出産で排出されたら自然治癒するそうですが、赤ちゃんへの影響を考えると、ちゃんと治療した方が良いそうです。

妊娠糖尿病を防ぐ食生活はある?

妊娠糖尿病は、厄介なことに、これまで糖尿病と縁が無かった人でも、発症する可能性が十二分にあるそうです。

なぜなら、妊娠すると誰でも、インスリンの働きを抑制するホルモンが、体内で分泌されるからです。そのため、妊娠中は例え悪阻で食の好みに偏りが出ても、栄養バランスには注意を払わなければいけません。

そうは言っても、妊娠中はお腹が空きやすいですし、甘い物もたくさん欲しくなると聞きます。そうなった場合は、どのような食べ物を選ぶと良いのでしょうか?

よく挙げられていたのは、モヤシ、キャベツ、水菜、大根、コンニャク、白滝でした。これを入れてカサ増しをすれば、その分腹持ちもよくなるんですね。

また、甘い物が欲しい場合は、糖質をなるべく控えめにするため、市販のゼロカロリースイーツや飲料を選ぶと良いとのことでした。

また、最近ではゼロカロリーの甘味料も色々販売されているため、それでお菓子を自分で作るという手もあります。ちなみに、果物は体に良さそうなイメージを与えますが、物によっては結構な糖分が含まれているため、食べ過ぎは禁物だそうです。

こうして見ると、慣れるまではちょっと大変そうですが、妊娠糖尿病は胎児にも障害を引き起こす可能性があることを考えると、やはり避けては通れない道だと思います。