妊娠糖尿病を初期に発見するには?

妊娠糖尿病は血糖値測定器が必要ですか?

出産できても生涯が出る事が多いそうです

妊娠糖尿病は、妊婦さんが恐れる病気の1つです。

しかし、最初それを聞いた時は、とても不思議に思いました。なぜなら、妊娠糖尿病は出産することで、自然治癒する場合が多いと聞いていたからです。それなのに、なぜそんなに恐れられているのでしょうか?

それは、妊娠糖尿病をを発症すると、かなりの高確率で流産のリスクを負うことになるからです。その確率とは、なんと30パーセント。10人に3人が流産するなんて、確かに怖いですよね。

また、運良く出産できたとしても、胎児に機能不全や発育不全といった障害が生じていることも多いそうです。

では、妊娠糖尿病を早期に発見するには、どういった点に注意すれば良いのでしょうか?

よくある初期症状としては、普通の糖尿病と同じく、頻尿やのどの渇き、倦怠感などが挙げられるとのことでした。しかし、これは妊娠中には誰しもよくある症状であるため、素人には分かりにくいのが現状だそうです。

そのため、病院での血糖値検査や尿検査で、初めて明らかになることが多いみたいです。妊娠中でも、体調が安定したら産婦人科の定期健診なんて面倒臭そうだな、と思っていましたが、妊娠糖尿病のことを考えると必ず行くべきなんですね。