妊娠糖尿病の症状がひどい時には?

妊娠糖尿病は血糖値測定器が必要ですか?

改善を促すための入院のようです

妊娠糖尿病は、今まで糖尿病に縁が無かった人でも、十分発症する可能性があります。なぜなら、誰でも妊娠することで、糖尿病を発症しやすい身体となるからです。

では、妊娠糖尿病と診断された場合、どういった治療を受けるのでしょうか?

意外にも、一番多いのが食事療法と運動療法とのことでした。詳しく言うと、糖質を控えめにした食事を摂りつつ、ウォーキングなどの軽い運動で、インスリンが体内で効果が発揮できるよう促進するみたいです。

なんだか、とても遠回しな治療法ですね。

そのため、中々モチベーションを保てず、途中で挫折してしまう人も多いそうです。しかし、そのようにして改善が見られない場合は、最悪、管理入院ということになります。産休まで仕事を続けている人とかだと、これはちょっと困りますよね。

しかし、管理入院も大げさなことではないそうです。

なぜなら、妊娠糖尿病にかかると、その30パーセントの妊婦さんは流産してしまう危険があるからです。また、そこまで行かなくても、胎児に機能不全や発育不全を生じさせてしまう可能性も十分存在します。

そのため、妊娠糖尿病は早期に運動療法と食事療法で改善すべきとのことでした。