妊娠糖尿病は産後に自然に治るものだけど

妊娠糖尿病は血糖値測定器が必要ですか?

ケアを怠ると2型糖尿病となる事も…

妊娠糖尿病は、聞きなじみのある糖尿病のように、一度なると一生インスリンを手放せない大変な病気、というイメージが強かったのですが違いました。実際、普通の糖尿病だと、一生付き合う羽目になることも多いそうです。

それなのに、なぜ妊娠糖尿病は出産で自然治癒するのでしょうか?

それは、妊娠糖尿病の主な原因である胎盤が、出産によって排出されるからです。

具体的には、インスリンの働きを抑制することで、妊娠糖尿病を引き起こすホルモンの分泌源である、胎盤が出て行ってくれるため、インスリンが通常通りまた働く状態となることから、自然に治癒するんですね。

しかし、全ての妊娠糖尿病が、産後に自然治癒する訳ではないそうです。なんでも、妊娠糖尿病患者の半数は、産後も糖尿病の治療を続けなければいけないのだとか。つまり、妊娠糖尿病が、2型糖尿病に移行してしまうこともあるんです。

そのため、将来糖尿病に悩まないためにも、妊娠糖尿病を回避すべく、日々の食生活の糖質量に関しては十分注意した方が良いそうです。

妊娠中は、悪阻の症状があるから、食べられるものを食べれば良いと思っていましたが、妊娠糖尿病のことを考えるとそうもいかないんですね。